天道流 合気道 「天道館」
Tendoryu Aikido Tendokan official website

指導部紹介

清水 健太

清水 健太 道場長

合気道を始めたきっかけ

子どものころから間近に合気道があり自然に稽古を始めました。 一緒に稽古をする仲間や、はるばる海外から合気道の修練のためだけに来日する門弟達と幼少の 頃から接してきましたが、私が合気道を続ける上でとても大きな存在でした。

合気道の魅力は?

老若男女関係なく誰とでも一緒に稽古が出来るということです。 合気道には試合が無いので敵の存在はありませんが、強いて言えば弱い心、怠け心、臆病な心な どを持つ”自分自身が”敵です。 稽古相手を通して自分自身と向き合える武道、それが合気道だと思いますね。

合気道を続けていくと...

小柄な人から大柄な人まで、どんな人とでも稽古を共に重ねていくことで、いつでも自分を保て るということがあります。 試合は行わないといっても、人と相対すると少なからず緊張するものです。 呼吸を整え、心身を柔らかく保ち稽古を続けていくことで、普段の生活においてもしっかりとし た自分を形成していけます。


永井 耕太郎

永井 耕太郎 六段 / 師範代

合気道を始めたきっかけ

中学生の時に父親に勧められました。

合気道の魅力は?

年齢差・体力差を気にせず稽古が出来るところです。 試合形式をとらないため、投げ技・極め技・当て身技など自分のペースで瞬間の呼吸を稽古出来ます。 心の強さと体の柔軟性を同時に鍛錬でき、それが生活上でのあらゆる場面で生かされます。

合気道を続けていくと...

体捌きを基本とするため、自由自在に体を動かすことができ、心身両面のバランスが整っていきます。


佐藤 安彦

佐藤 安彦 五段

合気道を始めたきっかけ

『強くなりたい』と思い、見つけました。 自分に出来そうな武術だと思ったため

合気道の魅力は?

稽古を続けると自分が変わっていくことです。

合気道を続けていくと...

『強さ』に対する考え方が全く違うようになります。

中村 光夫

中村 光夫 五段

合気道を始めたきっかけ

心身の弱さを克服したいと考えていた折 り読んだ小説「黄金の天馬」で合気道に 興味を持ち、訪れた天道館の稽古を見学 した際、「これだ!」と直感したこと。

合気道の魅力は?

無駄のない流麗な動きから生まれる技の効力。

合気道を続けていくと...

所作に気配りが働くことでそれまで気付 かなかった物事が見えきます。 視野が拡がり、思いやりの心が育まれていきます。


ビルギット・ラウエンシュタイン

ビルギット
ラウエンシュタイン 五段

合気道を始めたきっかけ

幼いころから武道を学びたいと思っていて、テレビで合気道を知りました。 円運動の美しさや強さ、相手を飲み込むような動き、女性にも向いている印象に惹かれました。

合気道の魅力は?

肉体的な面では、身体のバランスがとれるようになります。 柔軟性や強さが身に付き、いつも体調が良く感じるようになりますよ。 精神的な面では、やはり精神のバランスが良くなり、道場の外でも、 他の人に対して思いやりの気持ちを持てるようになりました。

合気道を続けていくと...

興味があるなら、まず深く考え過ぎないでやってみて下さい。 直接肌で感じれば、合気道の良さを体験できると思います。 入門や見学の申し込み、ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。